忍者ブログ

月光仮面

PBCサイト「Petit」に登録しているマコトのブログ。 ツイ垢@makoto_moonchil 初めましての方はカテゴリ「初めに」からどうぞ。

次兄供養
一応家族全員分プロフは作ったんですが、
使いどころとイン率を考えるとむりっぽいのでここで供養。

イメージCVは緑川光、ビジュアルイメージはシャイニングティアーズのヒョウウン。



マルス・フランベルジュ・リントブルーム(21)

獣人

剣士/拳士

201cm/117kg

容姿は白い鱗を持った二足歩行の西洋竜。
竜種独特の堀の深い目元からは、透き通るような金眼が覗く。
頭には二本、頭頂部の骨が発達した後ろ向きの角がある。
鱗に包まれた体はその下に鍛え上げた筋肉を備え、
見た目にも威圧感があろうか。
両手足には白い大きな爪があり、両手足はどちらも4本指。
両手親指にあたる部分だけが少し長く、それ以外は凡そ均等な長さ。
足は三本が前向き、一本が後ろ向きの指の作り。鳥の足に近い。
手足ともに人間より大きく、小さいこどもや女性くらいなら片手で胴を掴める。
羽と鱗混じりの大きな翼が一対、その下に小さな翼が一対。広げれば2m程になる。

下半身はいわゆる功夫服の黒ズボンをはいている。
上半身は、心臓部を覆うように鉄製の胸当てを。
靴などは履かずにそのまま。むしろ合う靴がない。
背中には、地面に向かって垂直に長い刀を提げている。

性格は戦いさえ絡まなければ、
温厚そのもの、少し真面目すぎるくらい。
祖父と世界中を旅しながら武術、剣術を学んでいたため、
若干世間を知らない部分があったりする。

「白翼飛剣流」というドマイナー剣術を使う。
相手の攻撃を全て受け流し、時にその威力を自らの攻撃に転じながら
必殺の一太刀を見舞う、という戦法を得意とする竜人剣術。
マルスの其れは、必殺の平突きを軸に、いくつかの構えと
受け流しの技術から突きへと持っていくモノ。

合わせて、華中の格闘術を学んでおり、
剣と拳の両方を併せ持った戦闘スタイル。
左利き。

◆無銘「大野太刀」◆
背に負っている持ち手50cm刀身120cmの反りの少ない長大刀。
銘は入っていないものの、粘り気のある刀身と鋭い切れ味の刃を持つ。
シンプルな黒の柄巻に桜模様の金鍔と、真っ黒な漆塗りの鞘。
それを大型のエイを使った頑丈な鮫皮のベルトで右肩から掛けている。
オオノダチ、と発する。
抜刀の際は鯉口を右肩に乗せて引き抜く。
基本的には両手持ちだが、片手での平突きも可能。
祖父がマルスに見立てた刀で、実は「壊れにくい」というエンチャントがされているが、
本人に魔術の才が一切無いため、認知していない性能。
魔力に敏い人物が見ればすぐ分かるのだが。
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

魔術、魔法の類にはアイテムなどを用いて迎撃する事もあるが、
基本的に逃げの一手。
そもそも魔力の知覚、感知ができない。
STRとVITに極振りの生粋のインファイター。

祖父から「なんか奥義考えてきなYO」と意味の分からないことを言われて一人放浪中。
自身よりも強い、あるいは苦戦しそうな相手と出会うと、立会を申し込まずにはいられない。

一度考え込むとしばらく戻ってこず、精神的な切り替えがあまり得意ではない。

リイネ(同PL)の実兄。
妹が街に居ることはまだ知らない。
方向音痴は受け継いでいない。

拍手[1回]

PR

コメント

コメントを書く